陶芸技法 土象嵌|東京の陶芸教室・陶芸体験、江古田陶房

 

陶芸教室の技法講座 /土象嵌

土象嵌とは粘土が生乾きのうちに作品の表面を削ることで凹ませ、そこに色の色の違う粘土を埋め込む方法です。陶芸の技法においては化粧土、釉薬、顔料を象嵌する方法がありますが、今回は粘土による象嵌の紹介です。
陶芸教室では、作陶方法や装飾方法などをデモンストレーションを交えながら紹介していきます。
下の写真は、陶芸教室サンプル作品の一部です。
土象嵌作品
 
     
 
Copyright (C) 2013 Ekodatoubou. Rights Reserved.